同じ年齢でも見た目や心、テストステロン数値が違う理由

こんにちは村上です。
私は50代になって、色々な男性と出会うことがあります。もちろん同級生もそうですが、仕事上のつき合いで40代の方、30代の方、そして私の同年代の方、或いは年上の方色々です。

 

 

ざっくりと10年周期で分けて、40代とか50代とか言いますが、正直言って男性で見た目が色気があり、年齢関係なく「女性にモテるだろうな」と言う様な男性と、私よりも10歳も年下であるにも関わらず人生に絶望感を持っているような、見た目も精神的な考え方も残念だ若い子も沢山います。

 

 

男性にとって、30代や40代というのは働き盛りで男盛りです。結婚していても女性の事を常に考えていて女遊びをするような年代だと思います。またスポーツなどもしている男性であれば、30代や40代というのは最も魅力的であり、20代の女性が40代の男性とつき合っていると言うような事は普通にあります。

 

 

このような年代は、老化はまだまだ先なはずなのに、急に老人化してくるような男性もいるのは確かです。まだまだバリバリで働いていたり、運動していたりする男性がいるにも関わらず、その一方でほとんどの男性がやる気をなくしたり、急に太ったりしてオッサン化してしまう傾向があります。

 

 

もしあなた自身が40代だったり、30代の後半であっても、「見た目よりも老けて見えるよね」と言われるような事が多かったり、自分自身で若い頃と比べて明らかに老けていると言うような事が分かるような感じであれば注意が必要です。

 

 

この老化の原因は、体内のテストステロンが足りていない傾向があると思います。男性ホルモン(テストステロン)が低下してくれば、色々な体の変化が起こります。

 

 

当サイトで開けている男性更年期障害(LOH症候群)ももちろんそうですし、男性更年期障害(LOH症候群)の諸症状の初期症状であるED(勃起障害、勃起不全)、或いは勃起不全、セックスの時の中折れ等々、セックスの悩みが出るのもこの時代です。

 

 

テストステロンが低下すれば筋肉量が劣ってきます。筋肉量が減少する事で、肥満になりやすくなり、30代から腹が出てきたりおじさん体型になってきます。筋肉の衰えもプラスして、お腹の大きさとおじさん体型というのは正比例のようになっていくわけです。

 

 

テストステロンは、男性の意欲を高めるホルモンでもあるので、ホルモン量が減ってくれば、『活力』不足のを受けた顔つきになってきます。そして男性ホルモン(テストステロン)は、性機能に直結するので、性欲減退もまずわかってくるようになります。

 

 

私たち中高年男性が、肉体的にも精神的にも若々しくいる為には、男性ホルモン(テストステロン)というのは非常に重要なホルモンだと言うことです。男性ホルモン(テストステロン)が下がってくると言うことは、私たちを実年齢よりもかなり老けて見えることになります。

 

 

テストステロンが減っている状態で毎日過ごすという事は、体を衰えさせ、『活力』も衰えさせるのです。『活力』が衰えてくれば、日々の生活に疲れ、セックスどころの騒ぎではありません。

 

男性ホルモン(テストステロン)が減っていくパターンは年代は関係ない

 

女性の場合は、閉経がある為.年齢いってある程度女性ホルモンの減る確率というのが決まってきます。しかし男性ホルモン(テストステロン)というのは、男性には閉経がない為、一般人には40代をピークに徐々に下がってくるとは言われていますが、個人によって下がり方が全く変わってきますし、60代、70代でもテストステロン値が高い男性もいれば、20代の後半で、40代の平均よりも少ない男性もいると言われています。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)が低下している男性には、大きく分けて次の二つのパターンがあると言われています。

 

  1. 本当の年齢の実力の場合|加齢によって低下している
  2. テストステロンの分泌能力の基礎的な力はあるが、他の要因で抑制されている

 

このような二つのパターンがあります。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)というのはやる気を促進して、自信や判断力、決断力や行動力、ビジネスに必須の能力を作り出すのに必要不可欠なものだと言わています。

 

 

その男性ホルモン(テストステロン)の分泌能力が、年相応であれば何とか諦めもつくと思います。しかし、分泌能力があるにも関わらず、本来のテストステロンの分泌の実力が果たせていない男性が多いのです。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)の分泌を低下させる要因では、病気や変色、運動不足、生活習慣の悪さ、食生活の乱れ、このようなものが色々かみ合って結果としてテストステロンを減らしているのですが、一番のテストステロンの減る原因はストレスとなります。

 

 

30代や40代というのは、働き盛りという反面、色々な仕事のストレスを抱えている可能性が高いわけです。過度のストレスがかかってくれば、脳からの指令でストレスホルモンが分泌され、そこでテストステロンの分泌が抑制されるという事が分かっています。

 

 

ストレス社会の現在では、ストレスをゼロにする事はできませんがストレスと向き合い、ストレスを減らしていくような努力をする事は出来ます。

 

 

ストレスと向き合いながら、精力剤サプリメントで体内のテストステロンを増やすという事も一つの方法です。

 

 

ストレス社会の現在では、40代男性の男性ホルモン(テストステロン)るが、60代や70代の男性を下回ることもあるという風な研究結果もあるそうです。

同じ年齢でも見た目や心、テストステロン数値が違う理由

私たち中高年でも、年齢が同じであるにも関わらず見た目や心が全く違う人がいます。年齢でテストステロンの数値も変わっています。その理由について

≫続きを読む

テストステロン不足で中年男性が体に起こる色々な不具合|体調不良を予防する

中高年男性であれば、意識をしていない状態で過ごしていると体内で絶対的にテストステロンが不足しています。テストステロンが体内でない事によってどのような体調不良が起こるんでしょうか?

≫続きを読む