EDを防止して、勃起を促すための栄養など

男性更年期障害 勃起不全

 

こんにちわ、村上です。ED(勃起障害・勃起不全)の原因を良くするため、または男性更年期障害(LOH症候群)の重大な所を改善する方法として栄養やサプリを摂取することは大事です。

 

 

血流を高めるなどして健康でいる事により当然ED改善に繋がります。

 

 

食生活を正す事などによってED治療をしていくという事ですが糖尿病をはじめとした病気からくるED(勃起をしない勃起不全)などは、それだけでマニュアルが出来るほどの食事療法となりますし、そこは医者が関与するべきポイントですし、詳しくは分かりません。

 

 

私は自分でペニス増大サプリメントと精力剤を飲んで、かなり好転反応が出たのでお勧めしているのです。

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

 

チンコを勃起出来るように栄養を摂ることは大事ではありますが、普段から食事で栄養を摂ることは不可能です。

 

 

ですので、私がかれこれ10年近く行っているのですが、サプリメントで接種する事で当然精力改善、ED(勃起障害・勃起不全)の改善へと繋がります。

 

 

ED冶療時に外すことができない栄養素としてよく知られているのは『アルギニン』『亜鉛』などで、当サイトで勧めている精力剤にはこのような成分がタップリと含まれています。この栄震素とは、どんなもので、どのような成果が出るのか?またそれら栄養素を含む食材とは伺なのか?どの程度接種したら良いのか?を書いていきたいと思います。

 

 

また、当サイトで勧めているサプリは精力剤ですが、高麗人参などを継続して服用することで、精力が底から上がっていきます。

 

高麗人参 精力増強 効果

 

:

【お試し980円!高麗人参サプリ】サポニンとマカで『ギンギン』になります\(^o^)/

 

アルギニン

 

アルギニンとは、発育期の子供の成長に必要といわれる必須アミノ酸で、成人には健康で活発な体をキープする時に外せない栄養素といわれています。

 

 

このアルギニンは欠如すると『老化の進行』『抵抗力の低下』『生活習慣病』『免疫力の低下』などの危険性が高まると言われています。

 

 

近年の研究によると、アルギニンは、血液中のNO(一酸化窒素)の量を増すと言われています。

 

 

血液中の一酸化窒素が増えることにより、環状グアノシンーリン酸(CGMP)が血液中に発生します。

 

 

このCGMPは、血管の平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させる働さがあるため、動脈硬化を改善させることが望めるそうですが、CGMPの発生による血管の拡張は、バイアグラなどのED治療薬のシステムと同じです。

 

>>バイアグラと精力剤、勃起不全サプリの違いについて

 

 

つまり、アルギニンを取ることにより、ED治療薬と似たような効果も期待できるということです。

 

 

これが、アルギニンがED治療に役立つ栄磯素と言われる所以なのです。

 

 

『アルギニン』の作用は、陰茎海綿体に血管拡張作用をさせる働きがあり、脳内にある勃起中枢に直接働きかけます。

 

 

また、ペニスの海綿体の血流を保持する働きもあり、ED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)の予防、改善に対しては欠かせない栄養素です。

 

 

『アルギニン』の作用はこの他にも、精子の産生や運動性にも関係し、男性ホルモン(テストテロン)の産生を促進します。

 

 

『アルギニン』の効果はまだまだあり、筋肉を増加させ基礎代謝を増やす、新陳代謝をアップすることで生活習慣病の改善に対しても高い効果を現します。

 

 

このようにED(勃起障害・勃起不全)の予防、改善、精力増強には『アルギニン』は欠かせない成分です。

 

亜鉛

 

亜鉛は、金属元素の一種で、健康な体つくりには不可欠な元素といわれていますが、取りすぎると逆に毒となるとも言われています。

 

 

体内の亜鉛が不足すると、糖尿病、免疫不全、味覚障害、毛髪異常、皮膚病、高血圧、、更には動脈硬化などの危険性が高まると言われています。

 

 

『亜鉛』は栄養学的にも定評のある物質でこれをたくさん含む食品では、魚介類の『かき』に含まれていて、この他にはお茶の『抹茶』『煎茶』の茶葉に多く含まれています。

 

 

お茶は『かき』よりも多く含まれていて、含有量はカキを上回っています。

 

 

『亜鉛』は人の身体を生成する細胞の中心となる部分の核酸の合成に深く関係し、身体のタンパク質の合成に対しても関係しています。

 

 

男性の精子を生み出す時に欠かせないもので、また、男性ホルモン(テストステロン)を合成する補助の役割も担っています。『亜鉛』は男性にとって、生殖機能に重要な物質です。

 

 

アメリカで行われたある調査では、亜鉛を制限して生活した方の精子の数を詞べたところ、通常の方の20%程度、数が減少していることが分かりました。『亜鉛』の吸収率は男性の30歳代ぐらいから減少し、身体が取り入れる量が少なくなります。

 

体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やす

 

こういった栄養素を食事から摂ることは不可能です。

 

 

勃起障害などの精力減退の理由は、殆どが男性更年期障害の代表的な症状です。ですので、体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やすことで改善されるようになります。

 

 

また、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが増えることで、日々の生活がかなり変わります。

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

 

 

ED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)などで悩んでいる方は、こういった栄養素をしっかりと普段から摂ると効果があります。人間の身体はスグには改善されません。

 

 

しっかりと長期的な目で見て、ED(勃起障害・勃起不全)に取り組んでいけば大丈夫ですよ^^

 

勃起不全(ED)の原因、種類|様々な種類があり原因があります

男性更年期障害である勃起不全、EDと単純に言っても、沢山の要因、種類があります。まずどういった種類があるのか?これをしっかりと知りましょう。

≫続きを読む

男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDを予防、改善するための運動などはあるのか?

EDの改善、精力減退の人はどういった運動を取り入れていけばいいのでしょうか?

≫続きを読む

勃起障害、中折れ、男性更年期障害などに効果がある栄養素

男性更年期障害や勃起障害、中折れなどを予防や改善するために必要な栄養素について。

≫続きを読む

思い込みで勃起不全や勃起障害になる男性も多い理由

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDはどうして起こる?

勃起の仕組みとか、なんでEDになるのかとかそういった事を知っておくといいかなと思います。

≫続きを読む

中折れ、膣不感症を、オナニーしながら改善して気持ちよくセックスする方法

映像の発達によって、オナニーをやりすぎて膣で感じることが出来ない膣不感症の人が増えているようです。これが原因でEDになっている男性もいます。

≫続きを読む

40代の夫婦生活と男性更年期障害の関係について

40代になると夫婦生活がガクッと減る人が多いようです。旦那が奥さんの期待に答えることが出来ない事が多い。

≫続きを読む

EDの治療|セックスの際勃起させないノンエレクト法について

勃起させないED治療方法、ノンエレクトというのがあるのですが、スローセックスなどと併用すると効果的です。

≫続きを読む

器具,病院などでED(勃起障害、勃起不全)を解消

勃起不全などのEDですが、器具や病院で解決する方法もあります。

≫続きを読む

『朝立ちしない』等のEDの症状、性機能の減退は多くの病気のサイン

勃起が弱くなる、これは男性更年期障害の症状ですが、実は性機能の減退というのがサインとなります。

≫続きを読む

男性の性欲のメカニズムと、精力減退の主な原因について

40代をすぎると男性は極端に性欲がなくなってくる傾向があります。精力減退の主な原因などについて詳しく説明したいと思います。また性欲のメカニズムについて知ることで精力減退の原因にも知ることが出来るかもしれません。

≫続きを読む