案外多い思い込みのED

男性更年期障害 勃起不全

 

こんにちわ、村上です。ED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)には思い込みの男性もたくさんいる様です。これに関しては心因性EDと非常にリンクしていると思うのですが、今は打たれ弱い男性が多い為に、結構こういった感じの人は増えていると言われています。

 

 

 

この思い込みED(勃起不全)に分類される方は実際にはED(勃起障害・勃起不全)ではないのに自分で勝手に『らしい』と思い込んでいるケースです。

 

 

自分の経験の無さからオナニーも当たり前に行っていて、射精も普通にできてるのですが、

  • 『近頃ではどうも元気がない』
  • 『なんとなく気持ち良くない』
  • 『チンコのサイズが小さくて自信がない』
  • 『彼女を満足させられないのではないだろうか?』

 

とか自分により自分を追い込んでしまい、思い込みED(勃起障害・勃起不全)に発展するというケースですね。ゆとり世代、さとり世代、こういった男性、または経験が少ない男性などもこのパターンでEDになるという人もいます。

 

 

日々、その時を堂々と迎えれるように精力剤などで、体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やし、体調を改善&健康維持を行うことで、

 

  • 『自分に自信を持つようにする』
  • 『恥ずかしいという感情を無くす』 

事ができるようになってくるので、焦らずにしっかりと地に足の着いた精力増大の習慣をつける事が大事です。

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

 

セックスや女性に過度の期待を持つのも危険

 

ED(勃起障害・勃起不全)のケースでは作られた世界の刺激の強いAVの見過ぎにより生身の女の人に興奮しないと言った事が起こっています。特に今はネット社会ですので、気軽に女性の裸を観ることが出来ます。

 

 

私たちの時の様な『初エッチ』の感動がないのです。

 

 

当然ですが、毛穴もあれば、デキモノも多少あるし、ニキビの痕もあるでしょう。でも、バーチャルで期待をし過ぎていると、『人間らしさ』が逆にアダになって勃起を妨げることもあるのです。

 

 

また、ネットなどが普及している事で、気軽にオナニーをする事もあり、変なオナニー、逆に気持ちよすぎるオナニーをしている人もいます。

 

 

手を使わないでオナニーをする人が多いらしく、そのような男性が実際にセックスする時にチンコが勃起しないでED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)の状況を訴えるというのがあるようです。

 

 

手を使わずにオナニーする人がED(勃起不全)に陥るのかと言えば、脳がその刺激でなければ勃起しないと覚えてしまっているからだそうです。

 

  • うつ伏せに寝てシーツなどにこすりつける
  • うつ伏せで畳にこすりつける

 

この様な方は、私たちが好きな女体の肌の温かみを否定しているらしいです。身体が、、、と言うよりも長年そういったオナニーによって脳内が潜在的に否定しているという事です。

 

 

その感覚でなければイかないし勃起しないチンコとなっているのです。『射精のタイミングやシーンが、異常である(日常的ではない)』というのはED(勃起障害・勃起不全)の理由になる可能性があるということです。

 

  • 女性をイカせた後のタイミングで射精していない
  • 自分の好き勝手なシーンで射精している
  • 女性の姿よりもセリフに興奮を覚えている
  • 一番我慢したとしても女の子と同時にイッてしまっている
  • ありえないシチュエーションでのセックスやオナニー

 

これらの事を長年見続けて来た事により自分勝手に射精してしまう事を脳が覚えてしまっているのです。

 

変なオナニーが引き起こす精神的なプレッシャーからのED

 

アブノーマルなシーンや自分勝手なシーンだけではなく、変なオナニー。セックスするまでにこのような事をしてきた方は、脳みそが『女の子をイカせた後に射精する』という考えが足りなくなり「今までの自分勝手なオナニーのせいで上手くコントロールすることが出来ない」
といったケースになっています。

 

 

オナニーでは射精が出来るけどSEXだと射精出来ない(『中折れ』『勃ちが悪い』する)といった方も大変多いです。

 

 

このような方は普通に性欲もあり、挿入前に普通に勃起もします。だけとどうしてもマンコの中ではイク事が出来ずに『中折れ』『勃ちが悪い』『芯がない半勃ち状態』になったりします。

 

 

こうなってしまうと女性から『下手と思われたらどうしよう』とか『満足させられなかったので嫌われたらどうしよう』など考えてしまいさら!こは『私じゃダメなの?』などといった言葉でとどめを刺されるとよけいに拍車をかける事態へとなってしまいます。

 

 

 

このように『中折れ』『勃ちが悪い』『芯がない半勃ち状態』になってしまう原因には今までのオナニーの方法、または過剰な女性(女体)への期待と落胆などが関わっています。

 

思い込みEDもスタートは自分の自信のなさ

 

思い込みでED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)の方は、オナニーが変わっていたり、変に動画を見すぎていたりするのですが、それもあなた自身のチンコ、またはセックスに関する性の引け目や悩みで女性に奥手になっている事から始まっていると思います。

 

 

ちゃんとチンコが勃起でき、相手を満足できるのであれば、セックスを返って楽しみ、そしてしたいはずです。

 

 

やはりしっかりと普段から精力を付け、勃起を妨げない身体つくりをしておくのが大事だと思います。

 

 

 

 

勃起不全(ED)の原因、種類|様々な種類があり原因があります

男性更年期障害である勃起不全、EDと単純に言っても、沢山の要因、種類があります。まずどういった種類があるのか?これをしっかりと知りましょう。

≫続きを読む

男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDを予防、改善するための運動などはあるのか?

EDの改善、精力減退の人はどういった運動を取り入れていけばいいのでしょうか?

≫続きを読む

勃起障害、中折れ、男性更年期障害などに効果がある栄養素

男性更年期障害や勃起障害、中折れなどを予防や改善するために必要な栄養素について。

≫続きを読む

思い込みで勃起不全や勃起障害になる男性も多い理由

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDはどうして起こる?

勃起の仕組みとか、なんでEDになるのかとかそういった事を知っておくといいかなと思います。

≫続きを読む

中折れ、膣不感症を、オナニーしながら改善して気持ちよくセックスする方法

映像の発達によって、オナニーをやりすぎて膣で感じることが出来ない膣不感症の人が増えているようです。これが原因でEDになっている男性もいます。

≫続きを読む

40代の夫婦生活と男性更年期障害の関係について

40代になると夫婦生活がガクッと減る人が多いようです。旦那が奥さんの期待に答えることが出来ない事が多い。

≫続きを読む

EDの治療|セックスの際勃起させないノンエレクト法について

勃起させないED治療方法、ノンエレクトというのがあるのですが、スローセックスなどと併用すると効果的です。

≫続きを読む

器具,病院などでED(勃起障害、勃起不全)を解消

勃起不全などのEDですが、器具や病院で解決する方法もあります。

≫続きを読む

『朝立ちしない』等のEDの症状、性機能の減退は多くの病気のサイン

勃起が弱くなる、これは男性更年期障害の症状ですが、実は性機能の減退というのがサインとなります。

≫続きを読む

男性の性欲のメカニズムと、精力減退の主な原因について

40代をすぎると男性は極端に性欲がなくなってくる傾向があります。精力減退の主な原因などについて詳しく説明したいと思います。また性欲のメカニズムについて知ることで精力減退の原因にも知ることが出来るかもしれません。

≫続きを読む