EDに関する様々な噂と原因について

 

ED(勃起障害・勃起不全)の原因は体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが減ることで起こると言われています。

 

 

女性の閉経によって、いきなり女性ホルモンがゼロの状態になる事で起こる更年期障害という症状があります。

 

 

男性は生理がありませんので今までは『更年期障害』というモノはないと言われていましたが、最近はストレス、生活習慣などによって女性の閉経と同様の感じで、一気に男性ホルモン(テストステロン)が減少する事で、『男性更年期障害(LOH症候群)』と呼ばれる症状も注目されています。

 

 

勃起障害、または朝立ちがしない、中折れ、という性の悩みが顕著に出だす『男性更年期障害(LOH症候群)』は、体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やすことで殆どが改善されていきます。

 

 

ですので、男性更年期障害の改善には『精力剤』と『ペニス増大サプリメント』が理想的なのです。

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

 

 

男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やすという目的であれば、ペニス増大サプリメントが最も適していると思いますが、やはり精力をつける、精力減退が悩みであればじっくりと精力剤で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンのを増やすのがベストです。

 

ちなにみ、、、
【姉妹サイト】
>>チンコをデカくするサプリメントの選び方

 

EDの改善で大事な部分と言われているのは、『一番は脳から治す事。不安を無くす事』という風に言われています。

 

チンコが勃起するメカニズム

 

科学的と言うか、結構複雑な感じでペニスの勃起のメカニズムが存在しています。本に書いてあったんですけど、改めて人間の身体って凄いなと思います^^

 

 

チンコが勃起する為に必要なのはまず性的な刺激(視覚、聴覚や触覚、そして嗅覚など)を得るとその刺激は脳の深い所にある視床下部に伝えられます。

 

 

更に感情、『好きとか嫌い、更には不快だ、、』といった『感情に結びつく』とされる庸桃体神経も視床下部に繋がっています。

 

 

こうした刺激か脊髄に入り、結果的に射精中枢に伝達されるのです。

 

 

ペニスの勃起に直接関与する神経伝達物質を『一酸化窒素(ガス状)』と言い、この『一酸化窒素』が海綿体に入ると『サイクリックグアノシン1リン酸』と言われる物質が作られます。

 

 

これが海綿体を弛緩させる事に影響を受けて血液が流入しチンコの勃起が起こります。

 

 

ペニスの勃起の為に働いた成分『サイクリックグアノシン1リン酸』はPDE5という物質のせいで分解されチンコの勃起は消退します。

 

バイアグラの理屈

 

精力剤は体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンのを徐々に増やしていきます。人間の身体の性質上、バイアグラの様に飲んでスグに勃起が改善する事はありません。

 

肌のターンオーバーについて

 

人間の細胞は、約28日を周期として入れ替わっている。コレを肌のターンオーバーといいいます。また、加齢とともにターンオーバーは落ち、40代では40日以上かかると言われています。


『精力剤』がスグに効果が出ないのは、この人間の細胞の仕組みの影響です。体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが増えて来る様に精力剤を飲んでも、数カ月かけて細胞の入れ替わりを行う為、急激に効果が出る事はないのです。継続する事で身体を改善出来ていけるのです。


>>男性ホルモン(テストテロン)増加で起こる『勃起改善』以外の身体の変化

 

バイアグラなどのケミカルの勃起薬はケミカルの力で勃起が元に戻る事を抑える役割があります。

 

 

ペニスの勃起を鎮めるPDE5を封じる役目があるバイアグラなどは、この勃起を鎮める成分を制御する働きがあるために、チンコの勃起を増強継続していく事が出来ると言う仕組みになっているのです。

 

脳が一番大事という事

 

小難しい成分の話から分るように、『脳』をまず改善するという部分が大事になってくるのです。脳をしっかりと改善する事でペニスの勃起の準備が出来、その際、しっかりと勃起が出来る栄養を精力剤等で付けておくというのがED(勃起障害・勃起不全)改善のコツです。

 

 

脳以外の身体の準備としては、やはり海綿体で出来ているチンコですので、血管が詰まる様な事がダメです。

 

 

私たちのチンコは海綿体に血が流入する事によって勃起する訳ですから、好ましくない生活習慣などが原因で動脈の開きが不十分、尚かつ食生活の乱れで『ペニスの勃起に必要な栄養、血流を増やす栄養』が不足すると、血液の流れ込み方が足りずにEDが起こります。

 

>>精力減退、勃起不全に繋がる悪い生活習慣などについて。

 

もし糖尿病になると、血管をはじめとして、神経が障害されるので、血管が硬くなったり、性的刺激による血管の拡張が起こらなかったりして、血流を抑えると言っていいでしょう。

 

 

糖尿病の患者さんが抱く日々の悩みとしてED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)や性欲低下を挙げる方が多いと言われます。加えて、高血圧症では、血圧が高まると、血管にストレスがかかるので、血管が損傷して硬く狭まります。これによって、ペニスの血液を抑えてしまうと考えられています。これがED(勃起障害・勃起不全)の原因となります。

 

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

 

つまり、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの働きがそのまま影響するという事です。男性ホルモン(テストステロン)が減ると自然とメタボになる訳で、そうなると糖尿病になりやすい。肥満になる。

 

 

卵が先か鶏が先かじゃないですけど、糖尿病だからED(勃起障害・勃起不全)なのか、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが急激に減るので筋肉が減り脂肪が増えてメタボになるのか、、、という悪循環になっているとも考えることが出来ます。

 

EDは器質性EDと心因性EDの2種類

 

  • 【心因性ED】・・・メンタル的な病から起こるもの
  • 【器質性ED】・・・身体的な障害によって起こるもの

がありますが、7割以上が心因性EDと考えられています。心因性EDは『精神的ストレス』『過去のトラウマ』『仕事、人間関係、家庭等の色々なプレッシャー』等、多種多様な要素が考えられます。

 

どの様に判断するのか?

 

  • 『早朝勃起』がある
  • 『マスターベーションが可能』
  • 『肝機能腎機能が正常』
  • 『髭も濃く(男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下がみられない)』
  • アルコール摂取量、喫煙量は適量である

 

という風に自己判断できるのであれば、今のED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)は心因性の可能性が高いと言えます。しかしながら、4番は、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンは第二次性徴期を過ぎると体内では生成されませんので、30代後半、40代とかであれば精力剤で補充する必要があります。

 

 

精神医学で用いられている基準は以下の様になる様です。

生来型

そのEDの諸症状(勃起不全、中折れ、射精しない等)が初めての性体験からずっと存在している。

 

獲得型

そのEDの諸症状(勃起不全、中折れ、射精しない等)がある時を堺に出てきた。

 

全般型

そのEDの諸症状(勃起不全、中折れ、射精しない等)がある特定の刺激・状況又はパートナーに限られていない。いつも変わらない状態。

 

状況型

そのEDの諸症状(勃起不全、中折れ、射精しない等)がある特定の刺激・状況又は特定のパートナーに限られている場合。

心因型

心理的要因によるEDの諸症状(勃起不全、中折れ、射精しない等)

 

複合型によるED

心理的要因のほかに、様々な要因が重なって起こる場合もあります。

 

 

例えばあるED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)の男性が以前はSEX普通通りに楽しんでいたのにも関わらず、意中の女性とエッチ出来る様になり、初めてのベッドインの時に、ペニスを勃起できず、したけど中折れして射精出来なかった、、、というケース。

 

 

いつもは全くペニスが勃起しないという訳ではなく自分でオナニーはできて、風俗店であっても心配することなく射精、チンコの勃起は起こる。

 

 

ただ、高嶺の花とずっと思っていた女性を目の前にすると

 

  • 『下手だと思われて嫌われたらどうしよう・・・』
  • 『チンコがちいさくて短いと思われたらどうしよう、、』
  • 『彼女のアソコが臭かったらどうしよう、、』
  • 『(予想してたよりも彼女の)身体が汚い、、』

 

などの不安や、理想と現実の狭間でED(勃起障害・勃起不全)になってしまう。

 

 

この場合は

 

  • 『射止めた途端に』上手く行かなかったという理由で『獲得型』
  • 『風俗店では』可能なのでその女性に限った『状況型』
  • 『下手だと思われたらどうしよう・・・』などの不安が理由と思われる『心因型』

 

となります。しかし、一般的にはカウンセラーなどがしっかりと原因を解明する為に、基本的には心因性にザックリと分類されるという感じで思って大丈夫です。

 

 

また、殆どの場合『最近元気がないから、セックスの時に勃たないとどうしよう、、、』という所からスタートする為に、基本は心因性となります。

 

 

私も経験がありますが、普段から朝立ちや勃起が出来る、射精が普通に出来る絶倫の状態をキープしていれば『早くセックスしたい』と思えるので(笑)、心因性という部分はやはり勃起が弱いから、、、朝立ちしないから、、という部分がスタートになっている気がします。

 

 

人間は肌のターンオーバー、細胞のターンオーバーがありますので、精力剤を飲んで数週間〜1ヶ月そこらで驚異的に精力が上がったりする事はできません。

 

肌のターンオーバーについて

 

人間の細胞は、約28日を周期として入れ替わっている。コレを肌のターンオーバーといいいます。また、加齢とともにターンオーバーは落ち、40代では40日以上かかると言われています。

 

『精力剤』がスグに効果が出ないのは、この人間の細胞の仕組みの影響です。体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが増えて来る様に精力剤を飲んでも、数カ月かけて細胞の入れ替わりを行う為、急激に効果が出る事はないのです。継続する事で身体を改善出来ていけるのです。

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で起こる『勃起改善』以外の身体の変化

 

 

ですのでしっかりと日々精力剤で力をつけるべきです。

 

器具性EDの原因

 

器質性の例を挙げるとタバコ、そしてアルコール等が関わっている状況が多いといわれています。

 

 

タバコを1日30本以上10年以上吸っているヘビースモーカー等は結果的にED(勃起障害・勃起不全)になるケースがあります。

 

 

これは二コチンなどが血管系障害を引き起し勃起障害を引き起こしたものと思われているようです。

 

中にはタバコを辞めて数ヶ月で改善がみられる場合も多く、血流を止めるタバコは『ペニス増大』やED(勃起障害・勃起不全)にはタブーです。

 

勃起不全(ED)の原因、種類|様々な種類があり原因があります

男性更年期障害である勃起不全、EDと単純に言っても、沢山の要因、種類があります。まずどういった種類があるのか?これをしっかりと知りましょう。

≫続きを読む

男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDを予防、改善するための運動などはあるのか?

EDの改善、精力減退の人はどういった運動を取り入れていけばいいのでしょうか?

≫続きを読む

勃起障害、中折れ、男性更年期障害などに効果がある栄養素

男性更年期障害や勃起障害、中折れなどを予防や改善するために必要な栄養素について。

≫続きを読む

思い込みで勃起不全や勃起障害になる男性も多い理由

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDはどうして起こる?

勃起の仕組みとか、なんでEDになるのかとかそういった事を知っておくといいかなと思います。

≫続きを読む

中折れ、膣不感症を、オナニーしながら改善して気持ちよくセックスする方法

映像の発達によって、オナニーをやりすぎて膣で感じることが出来ない膣不感症の人が増えているようです。これが原因でEDになっている男性もいます。

≫続きを読む

40代の夫婦生活と男性更年期障害の関係について

40代になると夫婦生活がガクッと減る人が多いようです。旦那が奥さんの期待に答えることが出来ない事が多い。

≫続きを読む

EDの治療|セックスの際勃起させないノンエレクト法について

勃起させないED治療方法、ノンエレクトというのがあるのですが、スローセックスなどと併用すると効果的です。

≫続きを読む

器具,病院などでED(勃起障害、勃起不全)を解消

勃起不全などのEDですが、器具や病院で解決する方法もあります。

≫続きを読む

『朝立ちしない』等のEDの症状、性機能の減退は多くの病気のサイン

勃起が弱くなる、これは男性更年期障害の症状ですが、実は性機能の減退というのがサインとなります。

≫続きを読む

男性の性欲のメカニズムと、精力減退の主な原因について

40代をすぎると男性は極端に性欲がなくなってくる傾向があります。精力減退の主な原因などについて詳しく説明したいと思います。また性欲のメカニズムについて知ることで精力減退の原因にも知ることが出来るかもしれません。

≫続きを読む