器具,病院などでED(勃起障害、勃起不全)を解消

男性更年期障害 勃起不全

 

こんにちわ、村上です。EDの解消、ED予防、防止で効果的なモノは精力剤を飲んで体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やしていく事です。

 

 

精力減退が主な男性更年期障害の症状ですが、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの低下によって引き起こされていると言われていて、人間の体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが減ることは様々なデメリットが起こります。

 

>>男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

 

バイアグラみたいに飲んでスグにギンギンという事はありません。精力剤はサプリメントですので、徐々に身体に変化が出ます。

 

 

人間はターンオーバーがあり、スグには効果が出ないのです。ケミカルであれば身体に負荷がかかりますので、精力剤などでしっかりと体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やすことが大事です。

 

肌のターンオーバーについて

 

人間の細胞は、約28日を周期として入れ替わっている。コレを肌のターンオーバーといいいます。また、加齢とともにターンオーバーは落ち、40代では40日以上かかると言われています。


『精力剤』がスグに効果が出ないのは、この人間の細胞の仕組みの影響です。体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが増えて来る様に精力剤を飲んでも、数カ月かけて細胞の入れ替わりを行う為、急激に効果が出る事はないのです。継続する事で身体を改善出来ていけるのです。


>>男性ホルモン(テストテロン)増加で起こる『勃起改善』以外の身体の変化

 

また、器具などでもEDの予防や防止や治療を行う方法もあるのですが、上記の精力剤などで3ヶ月など長期スパンで取り組むことで、力が出てきますので、最終的に勃起不全とか以外は必要ないと思います。

 

 

しかし、こういった方法もあるという事を知っておくという感じで捉えておいてください。

 

コックリング

 

 

コックリングというのは、ペニスの根元を締め付けるゴム製、または金属製で製作されたリングとなります。

 

 

勃起しないペニスの海綿体に血液が流入することで、ペニスが勃起した状態で、このコックリングでペニスの根元を締め付ける事によって、海綿体からの血液の流出を防ぎ、勃起状態を保持し続けるという、重度のED(勃起障害)医療器具です。

 

 

ペニスの海綿体、あるいは血管などに傷がない男性が使えますが、血管を締め付ける為に血液循環を阻害し、長時間身に付けていると、最悪の場合ペニスが壊死する可能性があります。

 

 

アダルトグッズなどでも販売されていますが、使用される場合は、必ず専門医の指導を受けた方がいいと思います。ただ、基本的に経験的に言えば、勃起が全然しないという方以外は、精力剤を中期〜長期服用で殆どが改善できると思っています。

 

勃起補助ポンプ(VCD式カンキ治療法)

 

 

VCD式カンキというのは快生薬研株式会社が米国製の陰圧式勃起補助具を、日本人の体型・サイズに調整して作成された医療用ED(勃起障害・勃起不全)治療補助具の事です。

 

 

年齢に関係なく実際のところはどのタイプのED(勃起障害・勃起不全)にも適応があり、薬を使用しないためED(勃起障害・勃起不全)治療薬が効かない場合や使用できないといった場合にも対応することができます。

 

VCD式のメカニズム

ペニスの勃起は海綿体に血液が流れ込むことで起こります。普通は性的な刺激を経験すると血液が流れ込むのですが、このとき血管を縮まらせる役目を持つ酵素『PDE-5酵素』作用する事で、血管に血液が流れ込まないためペニスが勃起しなくなってしまいます。

 

このVCD式カンキは、勃起しないペニスを筒状のプラスチック管に入れ、手動ポンプでブラスチック管内を陰圧(低圧・真空)にする事が出来海綿体に血液を呼び込み、根元をリング状の
ゴムバッキングで絞めることによって、ペニスの勃起を持続させます。

 

空気圧を使った物理療法なので、海綿体に血液を運ぶ動脈血管に異常がなければ、約30分ペニスを勃起をキープさせることができます。

 

加齢と共に進行する軽度の勃起障害にはもちろん、疾病が原因となる器質性ED、ストレス等が原因の心因性ED、その両方が関わる混合性ED(勃起障害・勃起不全)など、いずれの症状にも冶療効果が認められていますが私の意見としては最終段階の様な気がします^^;

-’

ICI療法

 

 

ICI療法とは1982年にフランスの血管外科医によって発見された、綿体注射による治療法です。ペニスの海綿体へ注射するという事で、私は絶対にムリです^^;

 

 

また、先進8ヶ国の中では唯一日本だけが認可されていない治療となっていて、自己責任で行うことが大前提となります。

 

 

とはいえ『ED治療薬が効かない』『持病でED治療薬が服用できない』という状況にも治療効果が認められているようです。コチラも完全に重度の勃起不全(ED)の方の選択となるのではないでしょうか。

 

 

精力剤でしっかりと体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やす事を念頭におき取り組んでいけば殆どのEDや男性更年期障害については改善できると思っています。

 

 

ICI療法ですが、ED(勃起をしない勃起不全)治療の中でも即効性があり、注射後5分〜10分で勃起が起こるのが特徴です。

 

ICI療法のメカニズム

ICI療法(陰茎海綿体注射療法)はペニスの海綿体に薬剤を甦接注射施すことで、ペニスの血管がパンパンになって、強制的にペニスの勃起を促します。

 

ED冶療薬との大さな違いは、陰茎海綿体注射であれば、は性的刺激が無くてもペニスが勃起する事ができ数時問のキープが可能となります。

 

注射を直接的にペニスに打つため、痛み等を不安して敬遠されがちな治療法ですが、使われる注射針は驚く程細く、注入する薬の量も微量により、痛みがないというのが皆さんの意見のようです。

 

予算や面倒くささを考えると、自宅でじっくりとED治療に取り組む方がベター

 

医学の発展で最近では沢山のEDの治療があることがわかりました。

 

  • 軽度のED(勃起障害)
  • 重度のED(勃起障害)
  • 軽度の勃起不全
  • 重度の(勃起不全)

 

など、さまざまな種類をザックリとED(勃起障害・勃起不全)としていますが、完全な勃起不全以外であればじっくりと回復に取り組んでいけば精力減退に関しては解決出来る可能性が高いです。

 

>>勃起不全(ED)の原因、種類|様々な種類があり原因があります

 

人間の身体はいきなり急激な変化は起こりませんが、体内で栄養を付け、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やすことで、確実に精力の増大は望めるのは多くの方の口コミ、また私自身の経験から言えることです。

 

 

まずは自分の身体を見直し、勃起が出来る体つくりを目指す様にするといいと思います。

 

 

高麗人参 精力増強 効果

 

:

【お試し980円!高麗人参サプリ】サポニンとマカで『ギンギン』になります\(^o^)/

勃起不全(ED)の原因、種類|様々な種類があり原因があります

男性更年期障害である勃起不全、EDと単純に言っても、沢山の要因、種類があります。まずどういった種類があるのか?これをしっかりと知りましょう。

≫続きを読む

男性ホルモン(テストテロン)増加で勃起改善以外の身体の変化

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDを予防、改善するための運動などはあるのか?

EDの改善、精力減退の人はどういった運動を取り入れていけばいいのでしょうか?

≫続きを読む

勃起障害、中折れ、男性更年期障害などに効果がある栄養素

男性更年期障害や勃起障害、中折れなどを予防や改善するために必要な栄養素について。

≫続きを読む

思い込みで勃起不全や勃起障害になる男性も多い理由

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

EDはどうして起こる?

勃起の仕組みとか、なんでEDになるのかとかそういった事を知っておくといいかなと思います。

≫続きを読む

中折れ、膣不感症を、オナニーしながら改善して気持ちよくセックスする方法

映像の発達によって、オナニーをやりすぎて膣で感じることが出来ない膣不感症の人が増えているようです。これが原因でEDになっている男性もいます。

≫続きを読む

40代の夫婦生活と男性更年期障害の関係について

40代になると夫婦生活がガクッと減る人が多いようです。旦那が奥さんの期待に答えることが出来ない事が多い。

≫続きを読む

EDの治療|セックスの際勃起させないノンエレクト法について

勃起させないED治療方法、ノンエレクトというのがあるのですが、スローセックスなどと併用すると効果的です。

≫続きを読む

器具,病院などでED(勃起障害、勃起不全)を解消

勃起不全などのEDですが、器具や病院で解決する方法もあります。

≫続きを読む

『朝立ちしない』等のEDの症状、性機能の減退は多くの病気のサイン

勃起が弱くなる、これは男性更年期障害の症状ですが、実は性機能の減退というのがサインとなります。

≫続きを読む

男性の性欲のメカニズムと、精力減退の主な原因について

40代をすぎると男性は極端に性欲がなくなってくる傾向があります。精力減退の主な原因などについて詳しく説明したいと思います。また性欲のメカニズムについて知ることで精力減退の原因にも知ることが出来るかもしれません。

≫続きを読む