男性更年期障害(LOH症候群)を自分で調べる方法

こんにちわ、村上です^^。

 

男性更年期障害(LOH症候群)を自分で調べるためのチェックシートがあります。これは自分である程度症状を判断できるため全国で使われているチェックシートとなります。(AMS質問票といいます。)

 

 

これは現在世界中で使われているもので、身体、精神、性機能などの17項目で構成されており、自分で答えた項目の答えが点数となっています。

 

 

以下の質問に自己判断でいいので答えてみてください。主観でいいので軽い感じで答えてください。

 

 

  1. ナシ・・1点
  2. 軽い・・2点
  3. 中度・・3点
  4. 重い・・4点
  5. 非常に重い・・5点

【全17項目】

  1. 全体的に見て調子が良くないと思う
  2. 関節、筋肉などの痛みがある(腰痛、関節、手足、背中)
  3. ヒドい発汗がある(突然、緊張、運動関係なくホテる、発汗する等)
  4. 睡眠の悩み(寝付き、眠れない、寝起きが悪い、睡眠が浅いなど)
  5. いつも眠い、しばしば疲れている
  6.  

  7. イライラしている(当たり散らす、不機嫌になる、些細な事に腹を立てる)
  8. 神経質(緊張しやすい、落ち着かない、じっとしていられない)
  9. 不安定(パニックになる)
  10. 身体の疲労(行動力の低下、活動減少、全てに興味がない)
  11. 筋力が低下する
  12.  

  13. 憂鬱な気分(落ち込む、悲しむ、涙もろい、意欲が沸かない、気分にムラ)
  14. 絶頂期が過ぎたと感じる(性欲など男性的な事全般)
  15. 力付きてドン底だと感じる
  16. ヒゲの伸びが遅くなった
  17. 性的能力が衰えてきた
  18.  

  19. 早朝勃起(朝起ち)が起きない、減った
  20. 性欲がない(セックスが楽しくない、中折れ、性交の欲求がない

 

男性更年期障害(LOH症候群)の可能性

 

  • 17〜26点・・・可能性は低い
  • 27〜36点・・・軽度の疑い
  • 37〜49点・・・中程度の疑い
  • 50点〜・・重度

 

ある病院で総合評価が45点の患者さんがいたようですが、

 

 

  • 生活習慣の改善
  • ホルモンを補充する治療

 

を行った所、20点台で落ち着いているそうです。

 

 

ホルモンを補充する治療は色々とリスクがあったり、料金の面で高額だったりします。

 

 

軽度〜中度の男性更年期障害であれば、男性ホルモンの分泌を上げる勃起不全サプリメントなどを服用することで改善できる場合が殆どです。

 

 

ちなみに僕の場合、点数は最初は(勃起があまり良くなく、妻とのセックスが毎日出来なくなった)36点位でした。今は19点です^^。

 

 

元々太っていませんし、運動もしているので生活習慣の乱れは少なかったほうかもしれません。そんな僕でも男性更年期障害の勃起障害が起こりますので、皆さんもこの機会に試してみてください。

 

 

もし、最近勃ちが悪い、、、と感じているのであれば男性更年期障害を疑い、その男性更年期障害を解決する為に勃起不全サプリなどを服用して生活習慣の改善、男性ホルモン(テストテロン)を増やす事を始めてみてください^^。

男性更年期障害(LOH症候群)を自分で確認する方法です

本来であれば診断してもらう方法がいいですが、自分で判断できます。

≫続きを読む

男性更年期障害や不元気症候群と精力減退の関係

精力減退が諸症状の男性更年期障害ですが、不元気症候群とも言われ、多くの男性を悩ましています。

≫続きを読む

男性更年期障害(LOH症候群)と女性の更年期障害の共通点

男性更年期障害(LOH症候群)は、症状が緩やかな為に、自覚症状がないのですが、不元気症候群と呼ばれる様な生活での不具合がある場合が多いです。

≫続きを読む

女性の更年期障害と男性のLOH症候群について

更年期という言葉、女性の更年期障害と、男性の男性更年期障害(LOH症候群)について。

≫続きを読む

男性ホルモンが減ると命に関わる?|男性ホルモンが減る事で起こる危険性

男性更年期障害は、性機能の減退だけではなく、下手したら命に関わる問題です。しっかりと普段から対策をするべきです。

≫続きを読む

男性更年期障害とうつ病の違いなど|勃起障害などの性機能の減退

男性更年期障害とうつ病は症状が似ているため、判断が難しいと言われています。性機能の減退などが一番です。

≫続きを読む

メタボと男性ホルモンの低下の関係性について

メタボと男性ホルモンの低下の関係。また、それが男性更年期障害を引き起こすと言われています。

≫続きを読む

男性ホルモンや女性ホルモンって一体なに?身体に対する働きなど

男性ホルモンや女性ホルモンと呼ばれる性ホルモンについての説明です。ホルモンというのを知ることが大事です。

≫続きを読む

男性ホルモンの分泌が盛んな時間帯や、分泌を下げる原因について

男性ホルモンは男性更年期障害や性機能の減退には非常に関係のあるものですが、ストレスが一番の大敵となります。

≫続きを読む

男性と女性の『平均寿命』の違いはホルモンの違い?

男性と女性の平均寿命は、開きがあります。理由は性ホルモンだと言われています。

≫続きを読む

体内の男性ホルモン(テストステロン)値が低いと起こる弊害

男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが体内で減ることで起こる弊害について。テストステロン値が下がることで起こる弊害など。

≫続きを読む

男性ホルモンが低下したら、寝たきりや骨折などのリスクが考えられる

男性ホルモンの低下は、骨折のリスク、そして寝たきりの原因になる可能性が高いと言われています。

≫続きを読む

男性ホルモン、女性ホルモンのそれぞれの役割について

男性ホルモンと女性ホルモンは、男女ともに体にあると言われています。男女の差を形成する男性ホルモンと女性ホルモンについて調べています。

≫続きを読む

テストステロンやエストロゲンの体内での働きについて

テストステロンやエストロゲンの体内での働きについて、どういった働きがあるのか、またどういったふうに効果があるのか。

≫続きを読む

男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やして、勃起力を高めるサプリメント

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む

男性更年期障害(LOH症候群)と鬱病の見分け方について|自覚症状のない困った症状

男性更年期障害(LOH症候群)の諸症状は、まず勃起障害から現れてきますが、その他の症状についてはあまり自覚症状ない欠点となります。男性更年期障害(LOH症候群)の諸症状について色々と説明してみたいと思います。

≫続きを読む

鬱病と思っていたけど、実は男性更年期障害(LOH症候群)だった…それを気づいたのはこのホームページのおかげですというお礼のメールをいただきました

自分がストレスからくる鬱病だと思い込み、心療内科で治療をしていた男性がいました。その男性は僕のサイトを見て男性更年期障害(LOH症候群)という言葉を知り、精力剤サプリメントで半年間過ごしたそうです。

≫続きを読む

鬱病が急増している現代社会|鬱病と男性更年期障害の違いとは?

男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。

≫続きを読む