男性更年期障害は『男性ホルモン』を増やす事が大事

男性更年期障害 勃ちが悪い

 

男性更年期障害の第一の理由は、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの著しい減少と考えられます。男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンがなくなる事によって、勃起障害を始めとするいろんな男性更年期障害の現象が起こります。

 

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害と呼ばれる症状が出てきます。

男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

 

  • ED(勃起障害)
  • 朝立ちが無くなる、性欲の減退
  • 中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボ
  • 不眠
  • 腰痛、肩痛、肩こり、全身怠惰感
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

この現象は男性更年期障害と言われ、LOH症候群と呼ばれています。


成長ホルモン、男性ホルモン(テストテロン)が増えると期待出来る好転作用

 

男性更年期障害(LOH症候群)の諸症状と呼ばれる以下の症状を改善、予防します。

  • 性欲の増進(勃起、射精の気持ちよさ)、
  • 筋肉量が増える、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果、
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルでテストテロンの量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。

 

「精力アップのやり方」「精力回復の最も重要なポイント」はズバリ「男性ホルモン」となります。男性ホルモンとは、僕たち男性の心身に対するいろんな要素の命運を握るホルモンで、

 

  • 筋力を高めて脂肪を減らす
  • 心身のエネルギーを充実させる
  • 健全で尚且つ前向きな精神状態を産み出す

 

等の働きを持ち、更に今回の主目的になる、『勃起力や性欲、精子の量・質などをアップする』働きを持っており、僕たち男性にしたら、間違いなく「必要不可欠」な働きを担っているものなのです。みなさんは「男性ホルモンの生成量は20代前半をピークに減退し続ける」と言う様な事実をご存知でしょうか?

 

 

若い頃は有り余る程に生み出されていた男性ホルモンが、30歳にもならないうちから早々に減少を起こしてしまいそうです。尚且つ、『60歳前後になると、男性ホルモンの生成量が若い頃の半分以下にに至るまで落ちていってしまう』『男性次第では若い頃の10%クラスにまで減少してしまう』といった事実はご存知でしょうか?

 

 

一口に言ってしまえば、前もって述べたような様々な重要な機能を担っている『男性ホルモン』は、僕たちが普通に暮らしているというだけで、ひとりでに年々減っていってしまうものなのです。

 

 

男性ホルモンの一種で、精力はもちろん性欲、心身のエネルギー、若々しさの維持(アンチエイジング)などに重要な影響を与えるホルモンにDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)というモノが存在します。

 

 

僕たちの体内で生成されるDHEAは、20代前半をピークにして、後は減少してしまう一方になると考えられます。

 

 

こういった事実を踏まえると、僕たちの身体の内から男性ホルモンの量が減る事によって、

 

  • 性的な欲求が起こりにくくなる
  • 身体のエネルギーが衰える
  • 勃起しにくくなる
  • 勃起が持続できなくなる
  • 精子の量も減り、射精感も悪くなる

 

と言う様なことも考えられるという事です。ではどうしたらよいのか?これに関しては、『あなた自身の身体の中から男性ホルモンを生みだすパワーを高める事』だと思います。

 

 

男性ホルモンが、性欲精力、勃起力、セックスをつかさどる以上、そこにテコ人れを行う事がベストの答えです。であるならどうしたら男性ホルモンの生成量が増えるのか?、『それだとすればホルモン剤を飲むか塗るかしたらいいんじゃない?』と思うかもしれません。

 

 

 

しかし、本音で言えばそこには大きな落とし穴が存在するのです。
その落とし穴というのは、『男性ホルモンを外部から摂取し続けると、自分自身の身体の内から男性ホルモンを作り出す力が衰えてしまう』ということです。

 

 

ホルモン剤を取扱っているショップでも、この趣旨をきっちり伝えている企業は少ないので、おそらく大抵の人がこの真実をご熟知していないのです。外部からホルモンを取り入れると、実際に一時的に身体に変化が出ることも考えられます。

 

 

とは言え、上でお話したように、ホルモン剤を利用するということは、ご自身の身体が元々保持しているホルモン生成力を奪ってしまうので、その後もいつまでも外部からホルモンを摂り続けなければならなくなってしまいます。

 

 

 

更には、外部からホルモンを摂る事は、(あなた自身の身体からホルモンを作り出すのと比べて)ホルモンバランスが狂いやすくなり、副作用の危険性も高まると言われています。

 

 

 

男性ホルモン量を高めようという形で外からホルモンを摂ったにも関わらず、かえってあなた自身の精力を弱めてしまったのでは、あまりに本末転倒だと思います。

 

 

 

ではどうすればよいのか?その答えは、『自らの体の中から男性ホルモンを生み出せるようにする事』と思います。

 

 

この方法をとると、男性ホルモンの生成量を体がスムーズにコントロールしてくれるタメ、副作用に結びつくほど過剰なホルモンを産み出すような可能性はほとんどなく、尚且つ、ホルモンを生み出せない身体になったりする事もないです。

 

 

 

間違いなく『あなた自身元々の力で』『自然な』精力回復を可能にすることができます。ではあなた自身の体から男性ホルモンを生み出し、根本的な精力回復をできるようにするための具体的な方法というのはいったいどういうものでしょうか?

 

『ED治療薬』の誤解について

 

大概の方が誤解している事が多いのですが、バイアグラをはじめとするレビトラなどの、いわゆる『ED治療薬』に於いては『精力回復』の効果はないと断言します。

 

これらのED治療薬の働きは『ペニスへの血流を増加させ、並んでペニスから外に出ていく血流をせき止める事でペニスを勃起させる』だけなので、分かりやすく言うと男性ホルモンの生成力を高めたり、性機能を高めたり、精子を作りだしたりという様な働きは全くないと断言します。

 

シンプルに言ってしまえば『ベニスを立たせるだけに限られた薬』なので、根本的な精力回復にはつながらない事が分かると思います。

『栄養ドリンク』の誤解について

 

巷には一本数千円する栄養ドリンクなどもあり、飲むと本当に『元気が出た!』と思う方もいらっしゃるかと考えます。

 

ですが、この栄養ドリンク、実はある程度の栄養分は入っているのですが、元気になったと思う大きなポイントは、実は『カフェイン』をはじめとする『ガラナ』といった興奮剤の作用によるもので、一時的に興奮しているだけである為、精力回復とはいえません。

 

このカテゴリでは身体の内部から元気にしていくための手段、男性更年期障害の悩みの精力回復、勃ちが悪い40代の方に向けて、色々な部分を説明していきたいと思います。

精力回復の為の知識|身体の中から変えて行く!記事一覧

生活習慣を考えてみてください。勃起障害が起こる、ホルモンバランスが崩れる様な事をしていませんか?
男性更年期障害における精力減退と『ストレス』は非常に絡み合っており、ストレス改善を覚える事が大事です。
精力回復の為には睡眠が重要。また、運動が重要。精力減退で悩んでいる方は、睡眠と運動についてしっかりと考える事をお勧めします。
精力回復に効果的な栄養を知ることが大事です。サプリ等で効率よく摂取することで、男性更年期障害、精力回復などに効果が出ます。
セックスの際、中折れしたり、クンニのときに中折れする経験は中高年であれば経験したことがあるはずです。
精力増強の代表格な食べ物といえばスッポンです。スッポンには本当に性欲が増進する効果があるのでしょうか?スッポンについて調べてみました
アルギニンはED(勃起障害、勃起不全)には非常に効果があると注目されている成分となります。
最近よく見る『活力』という文字ですが、どのような意味の事を言うのでしょうか?ED(勃起障害、勃起不全)て悩んでいるような方はよく見るキーワードだと思いますが、何を指して『活力』と言うのでしょうか?
私が精力剤を勧める理由として、やっぱり男性らしくあって欲しいという気持ちがあります。もちろんペニスの勃起って悩んでいる男性には必要ですが、男性らしくモテたいのであれば精力剤を服用する事をお勧めします。
中年になってくると、『朝立ち(朝勃ち)』がなくなってくる方が多いと思います。朝立ちは健康のバロメーターですので、朝立ちがない方は注意が必要です。
50代でなくても、40代の方は勃起力がなく、セックスのときに自信がなかったりするのではないでしょうか?勃起力は30代を境に男性であれば必ず悩みの種になるのではないかと思います。このページでは勃起力不足を改善する為の精力剤のお勧めを書いています。
必須アミノ酸は強精作用に大事と言うことを説明しましたが、それを上手く活かす為には核酸と亜鉛というものが必要です。
精力剤を選ぶときに大事なのはアミノ酸を配合しているかどうかです。アミノ酸について詳しく説明していきます。
精力剤を飲み続けて、完全復活するまでにはどれくらいの期間が必要なのか?また精力剤サプリメントはどれくらい飲む必要があるのか?