男性ホルモン(テストステロン)の低下の諸症状記事一覧

私たち中高年でも、年齢が同じであるにも関わらず見た目や心が全く違う人がいます。年齢でテストステロンの数値も変わっています。その理由について
中高年男性であれば、意識をしていない状態で過ごしていると体内で絶対的にテストステロンが不足しています。テストステロンが体内でない事によってどのような体調不良が起こるんでしょうか?
男性更年期障害なのかな?40代に入ったらそういった身体の悩みがあると思います。まずは男性更年期障害をよく知り、最適なサプリメントを摂ることからはじめましょう。
中高年になってきた場合、頻尿や夜中にトイレに起きる回数が増えるという場合もあります。
眠っても眠っても眠気があるとか、大事な時に居眠りをすると言うのもテストステロンの数値が影響している可能性があります。
骨粗しょう症にならない為に、しっかりと体内でテストステロンを増やしていきましょう。寝たきり老人にならないようにする為今若い時からのケアが必要です。
男性更年期障害(LOH症候群)とうつ病(鬱病)の症状は似ていると言わていますがどのような関係があるんでしょうか?
男性の朝立ちと、勃起はテストステロンに大きく関係があります。
アンチエイジング手術というのをご存知ですか?中高年男性であれば、様々なペニスの障害があると思いますが、それらを解決するような手術の事をアンチエイジング手術といいます。
頻尿を予防する為にはバイアグラが効果的と言われています。その理由について調べてみました。